<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

임현식 (イム・ヒョンシク)

f0081564_221409.jpg


イム・ヒョンシクさんと言えば、名前はわからなくて韓ドラ好きなら誰でもこの顔を見れば知っていますよね?

『オールイン』のイナのおじさん、『大長今(チャングム)』のトックおじさんが特に日本では知られるところだと思いますが、『ホジュン』・『大望』・『茶母』・『ソ・ドンヨン』と時代劇には特に欠かせない人です。
今も私は『ホジュン』と『ソ・ドンヨン』を見てますが、このおじさんの登場シーンは毎回笑わせて頂いてます。
どのドラマのキャラも結局はほとんど同じで、いつも奥さんに頭が上がらなかったり、おっちょこちょいだったり、でも人が良くて世話好きいつも主人公を支える脇役です。
『ソ・ドンヨン』では自分の息子が主人公ソドンのせいで若くして死んでしまったにもかかわらず、常にソドンを温かく見守る役を演じています。

ちょっと緊迫したストーリーの間にこの人のセンス溢れる笑いがほっとさせてくれるのです。
ちょっと左とん平に似てますよね~(笑)。
でも特技がバイオリンっていうのも有名なお話です。
プロフィールに「娘3人」って書いてあるのを見てちょっと笑ってしまいました。
実生活でも女性には頭が上がらない環境なんでしょうか?
でも韓国の方はアボジは大切にしますからそんなことはなのかなぁ???

イム・ヒョンシクのプロフィール
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-26 21:57 | Todays Star

乾燥

先日、韓国へ里帰りした先生・・・・。

先生はもう9年日本に住んでいるそうで、もう既に日本には面白みが見つけられないので、実を言うと帰るかよそに行きたいそうです。
先生曰く・・・日本何処に行っても寺と温泉(この温泉はそこらにある最近流行の日帰り温泉)しかない(笑)。
日本に来た頃は何もかも目新しくカルチャーショックがあったけど今はもうないとのこと。
だけど、今韓国へ帰っても仕事はないし仕方ないからここにいる・・・みたいな。
確かにわかるような気もするかな~?

そんな先生もカラダはすっかり日本の環境に慣らされてしまったようで、先日のお里帰りでもとにかく夜眠れず困り、早く日本に帰りたかったそうです。
韓国では皆さんもご存知のようにオンドル(床暖房)というのがありますが、これはすごく部屋が乾燥するらしく夜、何度も喉が渇いて全く眠れなかったそうです。
昔はそんなの全く感じなかったのに、カラダは日本の生活環境にすっかり慣れてらっしゃるんですね。
私たちがたまにホテルに泊まると空調で部屋が乾燥して眠れないのと同じ感じだったのかしら?
オンドルってなんだかいいなぁとずっと思っていたけど、そんな話を聞くと「ふ~ん、なるほど」と思います。

こういうのってホント韓国の方に聞かないとわからないことですよね。
こんな何でもないお話も私にとってはすごく新鮮で楽しい韓国語レッスンです。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-23 11:00 | 先生に聞く韓国

수애 (スエ)

f0081564_15513747.jpg


タイムリーなこの方、そうイ・ビョンホンの次回作『夏物語』で相手役を演じることになったスエちゃんです。

スエというのはもちろん下のお名前で、フルネームはパク・スエというそうです。
上の写真はKBSの時代劇『海神』でジョンファというお嬢様を演じた時のものです。

彼女の顔って、あんまり韓国の女優さんの中にもない系統のお顔なんですが、初めて見た人も以前どこかで見たようなそんな気がするどこか懐かしいというかそんな顔だなぁと私は思います。
確かに美人なんだけども、華やかさはあんまりなくてわりと地味な顔立ちで人によっては案外好き嫌いはあるのかなぁとも思ったり・・・、なんだか不思議な魅力がある人です。

今日、たまたまM-netでやってた『四月のキス』という彼女とチョ・ハンソン君の主演ドラマをやってて、思わず見てしまったのですが、『ラブレター』でもそうですが、結構気の強い女性役が今まで多かったのかなぁ?
芯が強く耐えるキャラは『海神』でも健在でしたが、私は彼女は時代劇の方がしっくり来るような気がします。

とにかく、年齢よりもずっと落ち着いたイメージをかもし出す彼女はビョンホンssiの相手役には合ってる気がします。
ビョンホンssiの声もバリントンボイスと言われるほど魅力的ですが、スエちゃんの声もまた低くてとても特徴のある落ち着いたハスキーボイスです。
全くどんな二人になるのか想像もつかないけど、それだけに楽しみです。

スエのプロフィール
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-22 15:52 | Todays Star

어떻게~(オットケ~)=How

最近良く耳に残る韓国語~『어떻게(オットケ)』
ちょうど習ったとこなのでちょっと紹介してみましょう~♪

「どうして」「どのように」「どういうふうに」「いかが」などの意味を持つ疑問文を作る疑問副詞です。
ちょうど英語の『How』と同じように使います。

어떻게~? (どうして~?)


어떻게 지내십니까? ( いかがお過ごしですか?)

어떻게 합니까? (どうしますか?)

いつもipodで聴いているチョ・ソンモの曲の中にも出てきて、この『어떻게』がすごく印象的というか忘れらなくて~。


今日は本当は韓国語習いに行く日だったのに、先に他の人に予約入れられてて1週飛びました。
そのかわり宿題たくさんもらったのにまだ全く手付かず(汗)。
朝から『タイフーン』でも見に行こうかと思っていたら、なんかのんびりしている間に時間になり、間に合いそうな『連理の枝』は見る気にならず(笑)、結局繁忙期の貴重な休みを無駄に過ごしてしまいました。
かといって・・・・家の用事もはかどらず・・・私ってなにやってんだか・・・。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-18 20:32 | 韓国語学習日記

송일국 (ソン・イルグク)

f0081564_17378.jpg


すっごい不定期な俳優列伝コーナーですが、今日は私がビョンホンssiの次くらいに好きな俳優になりつつあるソン・イルグクssiを紹介します。

1971年生まれなので、実はもっと若いと思っていたんですがビョンホンssiより1つ下なだけなんですね。
日本では多分・・・無名に近い俳優と言えるかもしれませんが、韓国ではドラマ『海神』で主役のチャンボコを食う演技と人気で切ない敵役を演じ人気を不動のものにしました。
もともと『海神』のヨンムン役はハ・ジェソクssiがキャスティングされ、撮影も進んでいたのですが、ハン・ジェソクssiがソン・スンホン、チャン・ヒョクらと共に兵役の問題で入隊を余儀なくされたため、急遽前作『愛情の条件』で共演し、『海神』の主要キャストであったジャミ夫人役のチェ・シラさんの強い推薦で大抜擢されたという事情があります。
それが大当たりし、イルグクssiのヨンムンが主役以上の支持を得た結果となりました。
これによって昨年は『ナンパの定石』という映画でソン・イェジンと主演し、コメディという新しい面も見せてくれています。
そして今年は来月から始まるMBC創立45周年記念の特別企画ドラマ『朱蒙』の主役にキャスティングされ注目の人です。

f0081564_17181599.jpg

私はきっとヨンジュンssiの新しいドラマよりこっちの方が視聴率取るんじゃないかと思ってるんですけど。
もともと・・・ヨン様の時代劇の方にライバル役としてキャスティングされたという話もあったんですけどね。

私は、初めて『海神』でこの人を見た時、うわぁ~サンウ君に似てるなぁって思ったんです。
顔自体は私の好みの顔じゃ全然ないんですけど、この人こそ役柄に惚れたのかなぁ?
きっと『海神』を見た人のほとんどは主役のチャンボコよりヨンムンのファンになると思います。
その後に見た『愛情の条件』のジャンス役がまたとっても良くてまたまた好きになったんです。
『ボディガード』でも主役のライバルでちょっと嫌なヤツを演じてますけど、好きになってから見るドラマってたとえ悪役でもついついそっちの見方になってしまいますね。

昨年のKBS演技大賞ではスエちゃんとベストカップル賞に輝いていますし、その前の年もハン・ガインちゃんとベストカップルに選ばれています。

またソン・イルグクはお母さんも有名な女優キム・ウルドンさん、そしてお祖父さんはドラマ『野人時代』の主人公である韓国でも有名な政治家キム・ドゥハンだそうです。

ソン・イルグクのプロフィール
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-17 17:31 | Todays Star

아자!아자!화이팅!!

「アジャアジャ!ファイティン!」たっくんママさんの疑問・・・・私も今まで多分こんな意味だろう~って思いつついい加減に使ってたんですが、ちゃんと先生に聞いてきました。

아자!아자!(アジャアジャ)

意味的にはやっぱり「がんばろう~!」って意味らしいですが、もともと韓国にはなかった新語のようなもので、最近の若者が良く使う言葉だということです。
単語っていうよりは、気合を入れるために使うような掛け声みたいなニュアンス。
やっぱり私の解釈で合ってたみたいです。

私の先生は30代後半の方なのですが、彼女の年代ではあまりこの言葉は使わなくてもっと若者がよく言うみたいです。

もちろん日本では『フルハウス』のなかでジフニ(ピ)とヘギョちゃんが「아자!아자!(アジャアジャ!)」「화이팅!!(ファイティン!)」と掛け合う場面が有名ですが!
私もこのドラマを見て以来、自分に渇を入れる意味で良く使います。
なんかとっても元気の出る私にとっては魔法のような言葉なんですよね~。

さて、韓国語学習の方は・・・・・
なんとか字を読むのは読めるようになったかな?
でもここでもやっぱり年齢の衰えを感じますね。
ハングル字を読むときにその文字を見てもわかってるはずなのに瞬時に出てこないのは反射神経の衰えです。
そんでもって、家で私が声に出して言ってる韓国語・・・横で何気に聞いてる娘の方がちゃんと覚えてる。ちょっとショックでした。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-16 09:11 | 韓国語学習日記

韓国離婚事情

今、KBSWORLDチャンネルでやっている『バラ色の人生』。
昨年の韓国ドラマは前半が『私の名前はキムサムスン』、後半は『バラ色の人生』が最も視聴されたドラマでした。
チェ・ジンシルの復帰作としても話題になったドラマ『バラ色の人生』は、夫と子供のために自分は節約してお金を貯めてダンナの姑と小姑の嫌味にも耐えながらやっとマイホームを手に入れこれから自分もバラ色の人生を楽しもうかという時に夫の浮気で離婚を迫られ、さらに自分は不治の病に侵されるというとても悲しいお話です。

私も3月から見ていますが、毎回ジンシルさんの演じている主人公スンイが可哀想でまた無責任で自分勝手な夫(ソン・ヒョンジュ)には腹が立ちっぱなし。
また下のの子供がけなげで賢くついつい見てしまうドラマです。

私の韓国語の先生はこのドラマが大好きだそうです。
なぜかというとこのドラマは韓国の普通の家庭のどこにでもあるお話の一つで、見ていてすごく共感できる部分が多々あって面白いそうです。

私たち日本人から見ると、韓国には姦通罪がまだあり不倫なんてタブーじゃないの?て思うけれど本当によくある話だそうです。
夫の浮気が発覚すると、日本のように(今の日本はそれはないかもしれませんが)女性が耐えて見ぬふりをするようなことはありません。
それこそ猛烈に怒ります。ドラマの中でスンイが夫にとび蹴りを食らわすシーンがありますが、そこまでは出来ないのでそれが見る側には自分の代わりにやってくれてるような爽快感があるそうです。
姦通罪は懲役刑。でもこれはどちらかが訴えないと罪には問われません。大抵の場合は和解という形を取るようですが、もし告訴されれば不倫した相手のほうも懲役だそうです。

また、ドラマの中で夫の母が相手の女のところへ行って家具とかをめちゃくちゃにして帰ってきます。それほどまで責めた不倫相手の女に対して、その女が男の子を産む可能性があると知ると手のひらを返したように離婚を嫁に勧めたり・・・。
こういうことは本当に珍しいことじゃないらしいいです。

実際、離婚率もすごい高いのだそう。
もうひとつKBSでやっている『夫婦クリニック』というドラマがあります。
これは離婚に悩む夫婦を描いた1話完結のドラマなのですが、常に視聴率の上位を保っている人気番組らしいのです。
視聴者から寄せられた夫婦に関するケースをドラマで裁判仕立てにして毎回放送し、結論はまた視聴者たちに委ねる形の番組なんだそうですが、韓国では離婚する場合は必ず裁判所を通した調停が必要なんです。
この調停の様子をドラマにしている面白い番組でこれも先生は大好きって言ってらっしゃいました。

また、韓国では最近は自己破産などのお金がらみでの離婚も多いみたいで、借金逃れのために偽装離婚するケースも非常に多いらしいです。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-14 16:08 | 先生に聞く韓国

最近の韓国映画のおはなし

今日は先生が韓国から帰って来られて、初めてのレッスン日。
帰国前に向こうで映画を何本か見てくるとおっしゃっていましたが、早速今日はそのお話をして下さいました。

先生は『青春漫画』『ロマンス』を見たそうです。
先生の感想ですが、クウォン・サンウ、キム・ハヌルの同い年コンビの新作『青春漫画』は、ストーリ的には中高生レベルだそうです(笑)。大人が見るには少し物足りないらしい。
先生は『同い年の家庭教師』の方が良かったらしいです。
で、ハヌルちゃんが同い年から全く成長していないというのが先生の感想です。
反対にサンウ君は、この映画の前作『美しき野獣』とは全く違うキャラクターを見事に演じていてとにかく可愛くて可愛くてしょうがないらしいです。
映画はいまいちだけど、サンウは良かったという感想でした。

そしてもう1本の映画『ロマンス』は先日ここでも取り上げたチョ・ジェヒョンの最新作。
相手役の女優さんのキム・ジスさんがとてもキレイで、ストーリーも大人向き、「とっても良かったよ~」というのが先生の感想。
でもこういう映画はきっと日本には来ない気がするんですよね~。

それと先生は『デイジー』を見ようと思っていたのに、もう早くもソウルを初めとする大都市では上映が終わってしまっていて見れなかったそうです。
この映画、私もすごく見たくて5月の日本公開が待ち遠しいのに、韓国ではあまり興行的には振るわなかったようで早々に打ち切られたみたいですね。
韓国は映画の本数が多いので、人気がないとすぐに終わってしまうようです。
反対に『王の男』のようにヒットを飛ばすとすごいロングランになるんですね~。

結局、日本で公開される映画は韓国での興行成績というよりは人気韓流スターの作品ということになりまたそれが日本人に好まれるという結果になります。
『四月の雪』も日本ではすごい興行成績ですが韓国ではほとんど昨年の映画賞でも話題になりませんでしたよね?
今週末公開される『タイフーン』も韓国では公開1週目は快調でしたがその後はダメだったみたいです。先生の話では、南北両断というテーマは韓国の人たちには重く暗いものらしいです。
しかしながら、この映画はスケールも大きいので、日本の人たちはハリウッド映画を見る感覚で見れるので、日本では支持されるだろうということでした。

昨年、韓国で最もたくさんの人が見た映画は『ウエルカムツゥトンマッコル』、『人生で最も美しい1週間』、『ザットムービー』だそうです。
この3本は年齢視聴制限も付かず誰からも支持された映画で、先生はまさに韓国人が好きな映画だとおっしゃってました。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-06 23:05 | 先生に聞く韓国

~님

前回のレッスンでは、動詞に文末語尾をつける練習問題を中心に復習をして次ぎの課へと進みました。

あまり時間が残っていなかったので、まだ文法は次回になりますが、新しく4つの単語が出てきました。

요즘  (最近、この頃)
지내다 (過ごす)
잘 (元気に、よく)
부모님 (ご両親)・・・・부모は「父母」という漢字語

さて・・・ここで「부모님」の一番最後に付いている「님(ニム)」という字について少し触れたいと思います。

「~님」は「~様」にあたる語で主に目上に使うものです。

私たちは良くこの「~님」を使ったり聴いたりしているんですよ~。
たとえば、私にとっては一番身近な例が「병헌님」=「ビョンホンニム」です。
私はイ・ビョンホンさんのことをブログでは「ビョンホンニム」と書いています。
これは韓国の公式サイトでは彼がこの呼び方で呼ばれているので意味もわからずに最初は使っていたんですが、これはビョンホンさんに対して尊敬の意をこめて皆さんが使っている呼び方なんです。
だから「ビョンホンニム」=「ビョンホン様」ってわけですよね。

また、よく韓国ドラマに出てくる「室長」!これもよく聴くとヨンスはミンチョルを「室長」と呼びますが「실장님(シルチャンニム)」と様付けにちゃんとなっています。
사장님(社長)、부장님(部長)、선생님(先生)にも「様」を付けて言いますね。

아버님(お父様)、어머님(お母様)というように、舅、姑など自分の親以外を呼ぶときも使います。

「様」というのも堅苦しいので「さん」という訳し方もするようですが、「씨」より尊敬の意味が強い「さん」ということになりますね。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-04 02:54 | 韓国語学習日記

아!

今年はNHKのラジオの方のハングル講座も聴いてみようと思い、今日から始まった放送を今朝聴きました。
先生はキゾー(小倉紀蔵)先生です。ラジオはTVと違って毎日あります。たった20分ですが、耳で聴く方が多分TVよりは身になる気がします。
ただ毎日続くのか?それが一番の問題なんですけど(汗)。

今週は発音が中心です。1日めの今日の会話は・・・
A:아!(あ!)
B:아!(あ!)


すごい!「!」だけで会話になるんだ~(笑)。
「아!」の使い方は日本語と似ています。
「あ!痛い」「あ!辛い」とかの感嘆詞でもあり、また何かを思いついたとき、閃いた時に口にする「あ!」ですね?

な~んだ「아」一文字だけの勉強か?って簡単に思うけどこのひと字にもちゃんと意味があるんですね。馬鹿にできませんよ~。

明日は「어!」みたいです。本格的な勉強は来週からかな?

ラジオ講座はこの辺で終わりにして、私の韓国語レッスンの進行状況ですけど、先週は先生が韓国に里帰りされていたのでお休みでした。
その分、ちゃんと復習しておきますと言ったのに何も出来てない(汗)。
今週は木曜がレッスン予定なのでそれまでになんとかしなきゃ!とにわかに焦りはじめているもえママなのでした~。
なんせ、春休みだから許して~って感じなんですけどね。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-03 21:51 | 韓国語学習日記