カテゴリ:先生に聞く韓国( 4 )

乾燥

先日、韓国へ里帰りした先生・・・・。

先生はもう9年日本に住んでいるそうで、もう既に日本には面白みが見つけられないので、実を言うと帰るかよそに行きたいそうです。
先生曰く・・・日本何処に行っても寺と温泉(この温泉はそこらにある最近流行の日帰り温泉)しかない(笑)。
日本に来た頃は何もかも目新しくカルチャーショックがあったけど今はもうないとのこと。
だけど、今韓国へ帰っても仕事はないし仕方ないからここにいる・・・みたいな。
確かにわかるような気もするかな~?

そんな先生もカラダはすっかり日本の環境に慣らされてしまったようで、先日のお里帰りでもとにかく夜眠れず困り、早く日本に帰りたかったそうです。
韓国では皆さんもご存知のようにオンドル(床暖房)というのがありますが、これはすごく部屋が乾燥するらしく夜、何度も喉が渇いて全く眠れなかったそうです。
昔はそんなの全く感じなかったのに、カラダは日本の生活環境にすっかり慣れてらっしゃるんですね。
私たちがたまにホテルに泊まると空調で部屋が乾燥して眠れないのと同じ感じだったのかしら?
オンドルってなんだかいいなぁとずっと思っていたけど、そんな話を聞くと「ふ~ん、なるほど」と思います。

こういうのってホント韓国の方に聞かないとわからないことですよね。
こんな何でもないお話も私にとってはすごく新鮮で楽しい韓国語レッスンです。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-23 11:00 | 先生に聞く韓国

韓国離婚事情

今、KBSWORLDチャンネルでやっている『バラ色の人生』。
昨年の韓国ドラマは前半が『私の名前はキムサムスン』、後半は『バラ色の人生』が最も視聴されたドラマでした。
チェ・ジンシルの復帰作としても話題になったドラマ『バラ色の人生』は、夫と子供のために自分は節約してお金を貯めてダンナの姑と小姑の嫌味にも耐えながらやっとマイホームを手に入れこれから自分もバラ色の人生を楽しもうかという時に夫の浮気で離婚を迫られ、さらに自分は不治の病に侵されるというとても悲しいお話です。

私も3月から見ていますが、毎回ジンシルさんの演じている主人公スンイが可哀想でまた無責任で自分勝手な夫(ソン・ヒョンジュ)には腹が立ちっぱなし。
また下のの子供がけなげで賢くついつい見てしまうドラマです。

私の韓国語の先生はこのドラマが大好きだそうです。
なぜかというとこのドラマは韓国の普通の家庭のどこにでもあるお話の一つで、見ていてすごく共感できる部分が多々あって面白いそうです。

私たち日本人から見ると、韓国には姦通罪がまだあり不倫なんてタブーじゃないの?て思うけれど本当によくある話だそうです。
夫の浮気が発覚すると、日本のように(今の日本はそれはないかもしれませんが)女性が耐えて見ぬふりをするようなことはありません。
それこそ猛烈に怒ります。ドラマの中でスンイが夫にとび蹴りを食らわすシーンがありますが、そこまでは出来ないのでそれが見る側には自分の代わりにやってくれてるような爽快感があるそうです。
姦通罪は懲役刑。でもこれはどちらかが訴えないと罪には問われません。大抵の場合は和解という形を取るようですが、もし告訴されれば不倫した相手のほうも懲役だそうです。

また、ドラマの中で夫の母が相手の女のところへ行って家具とかをめちゃくちゃにして帰ってきます。それほどまで責めた不倫相手の女に対して、その女が男の子を産む可能性があると知ると手のひらを返したように離婚を嫁に勧めたり・・・。
こういうことは本当に珍しいことじゃないらしいいです。

実際、離婚率もすごい高いのだそう。
もうひとつKBSでやっている『夫婦クリニック』というドラマがあります。
これは離婚に悩む夫婦を描いた1話完結のドラマなのですが、常に視聴率の上位を保っている人気番組らしいのです。
視聴者から寄せられた夫婦に関するケースをドラマで裁判仕立てにして毎回放送し、結論はまた視聴者たちに委ねる形の番組なんだそうですが、韓国では離婚する場合は必ず裁判所を通した調停が必要なんです。
この調停の様子をドラマにしている面白い番組でこれも先生は大好きって言ってらっしゃいました。

また、韓国では最近は自己破産などのお金がらみでの離婚も多いみたいで、借金逃れのために偽装離婚するケースも非常に多いらしいです。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-14 16:08 | 先生に聞く韓国

最近の韓国映画のおはなし

今日は先生が韓国から帰って来られて、初めてのレッスン日。
帰国前に向こうで映画を何本か見てくるとおっしゃっていましたが、早速今日はそのお話をして下さいました。

先生は『青春漫画』『ロマンス』を見たそうです。
先生の感想ですが、クウォン・サンウ、キム・ハヌルの同い年コンビの新作『青春漫画』は、ストーリ的には中高生レベルだそうです(笑)。大人が見るには少し物足りないらしい。
先生は『同い年の家庭教師』の方が良かったらしいです。
で、ハヌルちゃんが同い年から全く成長していないというのが先生の感想です。
反対にサンウ君は、この映画の前作『美しき野獣』とは全く違うキャラクターを見事に演じていてとにかく可愛くて可愛くてしょうがないらしいです。
映画はいまいちだけど、サンウは良かったという感想でした。

そしてもう1本の映画『ロマンス』は先日ここでも取り上げたチョ・ジェヒョンの最新作。
相手役の女優さんのキム・ジスさんがとてもキレイで、ストーリーも大人向き、「とっても良かったよ~」というのが先生の感想。
でもこういう映画はきっと日本には来ない気がするんですよね~。

それと先生は『デイジー』を見ようと思っていたのに、もう早くもソウルを初めとする大都市では上映が終わってしまっていて見れなかったそうです。
この映画、私もすごく見たくて5月の日本公開が待ち遠しいのに、韓国ではあまり興行的には振るわなかったようで早々に打ち切られたみたいですね。
韓国は映画の本数が多いので、人気がないとすぐに終わってしまうようです。
反対に『王の男』のようにヒットを飛ばすとすごいロングランになるんですね~。

結局、日本で公開される映画は韓国での興行成績というよりは人気韓流スターの作品ということになりまたそれが日本人に好まれるという結果になります。
『四月の雪』も日本ではすごい興行成績ですが韓国ではほとんど昨年の映画賞でも話題になりませんでしたよね?
今週末公開される『タイフーン』も韓国では公開1週目は快調でしたがその後はダメだったみたいです。先生の話では、南北両断というテーマは韓国の人たちには重く暗いものらしいです。
しかしながら、この映画はスケールも大きいので、日本の人たちはハリウッド映画を見る感覚で見れるので、日本では支持されるだろうということでした。

昨年、韓国で最もたくさんの人が見た映画は『ウエルカムツゥトンマッコル』、『人生で最も美しい1週間』、『ザットムービー』だそうです。
この3本は年齢視聴制限も付かず誰からも支持された映画で、先生はまさに韓国人が好きな映画だとおっしゃってました。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-04-06 23:05 | 先生に聞く韓国

お薦め番組

ハングルのレッスンに行くたびに、先生が色々韓国の事や韓国人と日本人の違いなどをお話して下さいます。
せっかくなので、ここで少し紹介していこうかなぁと思います。

今日はスカパーで開局したKBS WORLDチャンネルの話をしていて、先生が見てみるといいよと教えてくださった番組が2つあるので紹介しますね。
ついついドラマばっかりしか見ないので、こんな番組がありますよって教えてもらうのはいいですね。

まずは、『体験人生現場』。
この番組は有名人(俳優、政治家、歌手など)が1日、普通の労働現場に働きに行って、普通の人と一緒に仕事をするんだそうです。
職種は色々で、農家だったり工場だったり、市場の物売りや肉体労働を体験するそうです。
この1日分の日当は普通の人と同じだけ支払われて、それが毎週積み立てられ最後には寄付されるというチャリティーの要素も持った番組ですごい長寿番組だそうです。
過去にはウォンビンやチャン・ドンゴン、シン・スンフンや大物政治家も出たそうです。
なんだか面白そうですね。

そしてもうひとつは、『青春、申告します』。
これは軍隊を訪ねてその様子を伝えたり、お母さんや恋人を密かに呼んできて対面させたりする番組なんだそうです。
たまに芸能人が入っている部隊が出たりすることもあるそうで、日本人にはわかりにくい徴兵というものを知る上でも参考になるんじゃないかなぁと先生はおっしゃってました!

どっちも日本のKBSでやってるのかしら?と探してみたらちゃんとやってます。
まだ私も見たことないのですが今度見て見ますね~。
[PR]
by cloverheart51 | 2006-03-23 16:18 | 先生に聞く韓国