받칌(パッチム)

今週は2回レッスンに行きました。
少し早めに行くと、レッスンまでの時間に先生が、色々韓国のこととかドラマや俳優さんの話なんかもしてくれるので面白いです。
先生から聞いた話は、なかなか興味深いものもあるので、またおいおいこのブログでも別に紹介していけたらって思います~。

さて、発音の最後に・・・問題のややこしい「받칌(パッチム)」を勉強してきました。
パッチムが難しい難しいといいう先入観がまずあるので、恐々・・と。

まず「받칌(パッチム)」とはそもそも何なのか?
音節の末に付く子音のことです。

子音+母音+(下に)子音 という形の文字になります。

パッチムにはすべての子音が用いられますが、発音する時は7つの音で発音されます。

ㄱ、ㅋ、ㄲ{k}の音

{n}の音

{l}の音

{m}の音

ㅂ、ㅍ{p}の音

{ng}の音

ㄷ、ㅅ、ㅆ、ㅈ、ㅊ、ㅌ、ㅎ上のもの以外はすべてと覚える)は{t}の音

そしてさらに겹받칌(二文字のパッチム)というのがあります。
これがややこしいんですよね。

子音+母音+(下に)子音+子音という形ですが、発音はこのパッチムの後に続くのが子音か母音かによってまた違ってきます。

母音が後に続かない場合は下に左右に並ぶ子音のどちらかの音だけを発音しますが、これは決まっていてどちらを発音するかは全部で10種類のパターンがあって丸覚えする他ないとのことです。

ㄳの形はㄱ{k}・・・・몫(목) ()が発音です

ㄺの形はㄱ{k}・・・・흙(흑)

ㄵの形はㄴ{n}・・・・앉다(안따)

ㄻの形はㅁ{m}・・・・젊다(점따)

ㄼの形はㄹ{l}・・・・여덟(여덜)
밟다(밥따)この単語だけは例外でㅂ{p}の方を発音します

ㄽの形はㄹ{l}・・・・외곬(외골)

ㄾの形はㄹ{l}・・・・핥다(할따)

ㄿの形はㅂ{p}・・・・읊다(읍따)

ㅄの形はㅂ{p}・・・・값(갑)

ㄶの形はㄴ{n}・・・・많다(만따)

②2文字のパッチムの後に母音が続く場合は、次の母音と共に左右両方を発音します。

例)
앉아서(안자사)、읽으면(일그면)
上のようにパッチムの後のの部分にパッチムの右側の子音が入る形です。

以上がパッチムを簡単に整理してみました~。

先生からは、次回から会話、文法にいよいよ入るので、ちゃんと発音のとこを復習しておくようにとのことでした。
「はい、わかりました~ちゃんと復習してきます」と言ったものの、次のレッスンまで中1日しかなくて、結局不完全なまま次になっちゃいました~。
ということで、続きは次回!
[PR]
by cloverheart51 | 2006-03-17 23:51 | 韓国語学習日記
<< 제1과 안녕하십니까? 손현주 (ソン・ヒョンジュ) >>